若女将ブログ【藤だより】

花だよりNo.10

2012年4月16日

この可愛らしい蕾は、姫リンゴの花の蕾です。

蕾はピンクですが白い花が咲きます。

 姫リンゴの実は秋に熟します。めっちゃ酸っぱいです(>_<)

屋台で見かけるリンゴ飴にすると美味しいかも?

そしてこちらは愛犬もも太の散歩コースに咲いている菜の花です。

町屋川の堤防にたくさん咲いています。

先日毎年恒例のもも太の健康診断に行ってきました。

人間と同じく血液検査でコレステロールや肝機能などの数値が分かるんです!

おかげさまで血液検査の結果に異常はありませんでした。

ただ「これ以上は太らせないようにね」との先生のお言葉でした。

柴犬で15kgはヤバいですよね…

飼い主共々、菜の花を眺めながらロングランの散歩頑張ります!


コメント / トラックバック2件

  1. 森山 より:

    14日(土)午後、「すし清」にお伺いした者です。その節は、突然の訪問にもかかわらず、女将と若女将によくしていただき、ありがとうございました。
    あの日は、午前10時半から13年前に亡くなった家内の父親の法事が桑名市内でありました。そのため、家内と朝の新幹線に乗って、東京から桑名へとやってきました。午前中に、身内での法事を済ませ、桑名駅近くの『歌行燈』で昼食をとったあと、私は皆から別れて、ひとりで旧東海道を町屋川まで歩いてみようということで、歩き始めました。
    40分ほど歩いた時です。見覚えのある風景に出くわし、愕然としました。三十年前に家内の亡父に連れられて来たことのある、川畔の料亭に出くわしたのでした。それが「すし清」でした。
    三十年年前、桑名出身の家内が長男を生むために帰省し、無事長男を出生しました。妻と長男を見舞うために、私は、実母を連れて桑名へ来たのですが、家内の父が、私たちを歓待し、町屋川の流れに臨む「すし清」に連れてきてくれたのです。
    その時、車に乗せられてただ一度だけ訪れた料亭であり、店名も覚えておりませんでした。しかし、先週の土曜日に、旧東海道を歩き疲れた果てに「すし清」に巡り合い、もういない実母と家内の父を一挙に思い出して、胸が苦しくなりました。こんなことが、あるのですね。
    今回は、時間の関係で、おふたりと立ち話をしてお別れしました。次回の機会を見つけて、お店に上がらせていただき、亡き母と義父をしのびながら食事をいただきたいと思っております。その節は、よろしくお願いいたします。
    長々と、失礼しました。
    森山

    • ayano-m より:

      森山様

      コメント有難うございます。

      40分も歩かれていらしたのですね。
      後になってお茶もお出しせずにと気づき申し訳なく思いました。
      奥様の御実家のお父様のお話を伺って、女将も懐かしい思い出が
      よみがえり少しばかり涙腺が緩んでおりました。
      偶然にも当館をよく御利用して頂いていた御義父様の十三回忌の
      法要の日だと伺い運命的な思いがいたしました。
      ぜひまたお会いできる日を女将共々楽しみにお待ちいたしております。
      有難うございました。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.